就職・昇進に活かす│中国語検定:中検ならHSK【中国政府公認資格】

  • Q&A
  • サイトマップ
中国語検定ならHSK > 就職・昇進に活かす

就職・昇進に活かす

HSKは就職や昇進に有利な資格です!企業で続々採用!

企業導入例はこちら

HSKが就職や昇進に有利な理由

中国政府公認の資格だから 中国語政府公認の資格だから

数ある中国語検定の中でも、HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)が公認する資格です。(主催団体は、中国国家漢語国際推進事務室)そのため、HSKの成績証明は、中国国内だけでなく、日本国内、そして世界中で公的証明として活用することができます。

近年、中国に現地法人を置く企業はますます増加してきており、日本在住の中国人の方も増えてきています。それに伴い、中国現地法人での勤務をはじめ、中国企業とのやり取りを行ったり、中国人顧客への応対を行ったりと、さまざまな業種・さまざまな職種で中国語能力必要とされ始めています。

HSKは、中国国内での就職・転職活動に役立つのはもちろん、中国政府公認という信頼できる中国語検定だからこそ、日本国内の企業の採用条件、昇進や中国現地法人での勤務の条件などとして選ばれています。

企業導入例はこちら 企業導入例はこちら

世界共通基準の検定だから 世界共通基準の検定だから

現在、HSKを実施するテスト機関は、全世界で875か所以上、114の国と地域に分布しています(2015年現在)。数ある中国語検定の中でも、このように世界規模で実施され、広く認知されている中国語検定はHSKだけです。

またHSKは、中国語検定だけでなく、他の言語検定と正当に比較ができるよう、CEFという枠組みに基づいてレベル設定がされています。CEFはTOEICなど欧米各国の外国語テストに取り入れられている枠組みですので、企業は他の言語と同一の基準で中国語能力を測定・評価できるようになっています。

このようにHSKは、世界共通基準で多くの地域で実施され、広く認知されている資格であり、社員の中国語能力を世界同一基準で評価できる検定試験であることから、グローバル企業を中心に、HSKの導入を検討するケースが増えてきています。

※CEF=ヨーロッパ言語共通参照枠組み:ヨーロッパにおいて、外国語教育のシラバス、カリキュラム、教科書、試験の作成時及び学習者の能力評価時に共通の基準となるもの

CFE比較表 企業導入例はこちら

特別スコア制だから 特別スコア制だから

HSKは中国語学習者が効果的に学習効果の測定を行えるよう、各学習段階に合わせたレベル設定がされています。レベルは初級レベルの1級から上級レベルの6級まで6段階に分かれており、幅広い学習段階の方の中国語能力を測定することが可能です。

例えば、中級レベルの3級は、600語程度の語彙力が必要とされ、その学習目安は主に週に2~3回の授業を1年半(3学期)習った程度とされています。
※1~4級までは6割以上のスコアを獲得すると成績証に「合格」と記載されます。

級別になっているため、就職・昇進の際の基準として提示しやすく、社員の中国語学習や中国語研修の効果測定を容易に行える点や、学習者が中国語学習の過程で次の目標を立てやすく、学習意欲の喚起につながるという点が、HSKを企業が採用する理由の一つとなっています。

また、HSKの試験結果は、聞き取り・読解・記述のそれぞれの分野別にスコアで表記されるため、個人個人の弱点や中国語の研修などの学習効果を正確に認識でき、社員の中国語力を効率よく管理する手助けになります。現在では、HSKの級やスコアを昇進の基準や社内優遇制度に導入するケースも増えてきています。

各級のレベルを見る 企業導入例はこちら

▲ページの先頭へ

中国語検定の決定版!!お申込みはこちら
お申込み受付中の試験日程
試験日 2016年6月12日(日)
実施試験 筆記
受験地 全国主要16都市
受付期間 2016年4月12日~5月14日(土)23時

お申込みはこちら

その他受験日程はこちら

  • 受験体験記
  • 企業導入例
HSK初の公式テキスト

 

  • 企業ご担当者の方へ
  • 受験当日の注意事項
  • 成績照会
  • 試験監督官募集
  • 日本の中国語学習の現状