5級の試験内容│中国語検定:中検ならHSK【中国政府公認資格】

  • Q&A
  • サイトマップ

5級

HSK5級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストです。
「中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国の映画やテレビも観賞でき、さらに、中国語でスピーチすることができる」ことが求められます。

学習目安

主に週2~4回の授業を2年間以上習い、2,500語程度の常用単語を習得している者を対象としています。

点数と評価

・聞き取り、読解、作文の配点はそれぞれ100点、合計300点で評価されます。
※5級では、成績証に合否は表記されず、獲得スコアのみ表記されます。
 (2013年試験より合否の表記がなくなりました)

試験概要

5級の試験は聞き取り、読解はマークシート方式、作文は記述式の問題となっています。
試験は、説明が中国語および日本語で行われ、聞き取りの放送は全て中国語で行われます。

試験内容

聞き取り:約30分間(放送回数1回)
パート 形式 問題内容 問題数
第1部分 会話の内容に関する問題 2人の短い会話とその内容に関する問いが放送される。問いの答えとして正しいものを4つの選択肢の中から選ぶ。 20題
第2部分 会話や文の内容に関する問題 まとまった長さの会話や問題文と、その内容に関する問いが放送される。問いの答えとして正しいものを4つの選択肢から選ぶ。 25題
読解:45分
パート 形式 問題内容 問題数
第1部分 空所補充問題 文中の空所部分に、4つの選択肢から適切な単語を1つ補い、意味の通る文を作る。 15題
第2部分 文の内容に関する問題 短文が与えられており、その内容と一致するものを4つの選択肢から選ぶ。 10題
第3部分 長文読解問題 長文とその内容に関する複数の問いが与えられており、問いの答えとして正しいものをそれぞれ4つの選択肢から選ぶ。 20題
作文:40分
パート 形式 問題内容 問題数
第1部分 語句の並べ替え問題 与えられた複数の語句を並び替えて正しい中国語文を作る。 8題
第2部分 作文問題 ①単語が与えられ、その単語を使って80字程度の中国語文を作る。
②写真が与えられ、80字程度で写真に関する中国語文を作る。
各1題
・試験開始の前に、解答用紙に個人情報を記入する時間が5分間与えられます。
・聞き取りの試験終了後に、解答用紙に記入する時間が予備として5分間与えられます。

≫問題例を見る(サンプル問題)

各級のご紹介
筆記試験
口頭試験
中国語検定の決定版!!お申込みはこちら

▲ページの先頭へ

中国語を学習する目的が決まっている方
  • 就職・昇進に活かす
  • 留学に活かす
  • 学び始めたばかり
  • 受験体験記
  • 企業導入例
お申込み受付中の試験日程
試験日 2016年6月12日(日)
実施試験 筆記
受験地 全国主要16都市
受付期間 2016年4月12日~5月14日(土)23時

お申込みはこちら

その他受験日程はこちら

HSK初の公式テキスト

 

  • 企業ご担当者の方へ
  • 受験当日の注意事項
  • 成績照会
  • 試験監督官募集
  • 日本の中国語学習の現状