ビジネス・就職に有利 | 中国語検定:中検ならHSK【中国政府認定資格】

中国語検定:中検ならHSK

次回日程

  • 筆記・口試
  • 05月14日(日)~ 06月15日(木)

ビジネス・就職に有利

中国の成長により有利となる中国語力

成長し続けるグローバル経済大国「中国」

2010年、中国は経済の分野で日本を追い越し、アメリカに次いで第2位のGDP(国内総生産)を実現しています。
中国のGDP成長率は、1979年から2008年までの30年間で、年平均9.8%に達しました。中国は約13億人の人口を擁しますが、それだけ大きな国が、それだけ長い期間にわたって、これほど高い成長率を維持したことは、人類の歴史には類を見ないものです。
この間の中国の成長率は、同じ時期の日本の2.4%を大幅に上回っているだけでなく、「奇跡」と呼ばれる高度成長期当時の日本(1956年から1973年までの18年間、年平均9.3%)よりも高く、期間も長くなっています。

2008年秋からの世界的金融危機において、震源地の米国にとどまらず、EUや日本といった先進地域も大きな打撃を受けている中で、中国経済は大きな影響を受けず、成長し続けています。2009年10月に発表されたIMFの世界経済見通し(改訂版)によると、2009年の中国の成長率はG20という主要国・地域の中で最も高い8.5%と見込まれています。中国が世界的金融危機を乗り越え、高成長の持続に成功したことにより、そのグローバル経済大国としての地位は不動のものとなり、世界からの注目を受けているのです。

成長し続けるグローバル経済大国「中国」

中国語を話せる人材の必要性の高まり

中国語を話せる人材の必要性の高まりと中国語学習者の増加

一方、日本企業が海外進出を進めるにあたり、海外拠点の設置・運営にあたって課題となっているのが、企業のグローバル化を推進する役割を担う国内の人材が不足しているという点です。アンケート調査によると、これを課題として挙げる割合は、回答企業の約7割となっています。

回答対象:海外拠点を設置している企業、現在は設置していないが、既に計画中である(近々、海外拠点を設置する)企業、及び、海外進出のノウハウやリソースがないため(海外展開の意思はあるが予定はない)企業

中国語学習者の増加

このように、世界から中国が注視される中、海外で中国語を学ぶ人口は約4,000万人に達しています。欧米での中国語学習者も急増しており、学習人口はフランス語・スペイン語に次いで3番目となりました。また、全米では、中国語科目を設置する公立・私立の学校が10年前の200校から1600校に激増、今もなお増加の勢いは止まらない模様です。
また、日本国内でも中国語の学習人口は増加の一途を辿っており、200万人を突破したとも言われています。中国との関係が緊密化する中で、中国語を話せる人材の必要性がますます高まり、中国語学習者は今後も増加していくとみられています。

ビジネス社会においてHSK取得の重要性と導入推移

このように、世界から中国が注視される中、海外で中国語を学ぶ人口は約4,000万人に達しています。欧米での中国語学習者も急増しており、学習人口はフランス語・スペイン語に次いで3番目となりました。また、全米では、中国語科目を設置する公立・私立の学校が10年前の200校から1600校に激増、今もなお増加の勢いは止まらない模様です。
また、日本国内でも中国語の学習人口は増加の一途を辿っており、200万人を突破したとも言われています。中国との関係が緊密化する中で、中国語を話せる人材の必要性がますます高まり、中国語学習者は今後も増加していくとみられています。

HSK導入企業のHSK導入による今後の展望

10年先を見越した中国語人材の育成とHSK受験の促進

日揮株式会社様

荒谷 秀明様
片桐 雄一郎様
李 美穂様

10年後の中国語人材を育成する必要性

弊社は日本初のエンジニアリング会社として誕生し、日本から世界へ、そして石油・ガス等のエネルギー関係プラントの建設から、医薬品工場、病院建設、更にはエネルギー、環境分野への事業投資などビジネス領域を拡大しています。
隣国中国も弊社が重要視している国の1つになります。現在、弊社内ですぐに中国語が必要である社員はごくわずかです。 しかし、周知の通り、中国の成長は目覚ましいものがあり、10年~15年後にはさらに大きなマーケットになっていることが予想されます。中国でビジネスをするに当たって、当然ビジネスレベルで現地の言葉を話せる必要がありますが、語学はその時になって研修を始めてもすぐにできるようになるものでもありません。 そのため、弊社では10年後に約10%の社員をビジネスレベルで中国語を話せるようにすることを目標に、2012年の4月から「中国語の啓蒙活動」をスタートさせました。>>続きを読む

PAGE TOP